なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

雇い止めのミニ知識

Category
ミニ情報

みなさま、こんにちは。大阪守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスの中野です。
今日はせっかくの土曜日ですがお仕事なので雨でも平気です^^;
最近花粉か風邪かわからない状態が続いていますがみなさまはお体は大丈夫ですか?

では、本日は今週話題になりましたベローチェの雇い止めに関してのミニ知識です。

雇い止めというとみなさまは何を思い浮かべますか?
有名なのは一昔前によく言われた派遣切りですね。
派遣社員の契約を更新しない雇用をやめることです。

雇い止めは派遣にかかわらず有期雇用の契約社員にも当てはまります。
契約期間を決めているので契約期間が終われば終了ーって思っている方が多いかもしれませんが、更新回数や雇用期間の長さで一般の労働者と同じ条件での解雇となります。
解雇になると裁判では必ず負けてしまうというぐらい厄介なことになります。
判例では東芝柳町事件ってのが有名です。
何年にもわたりまた数十回にわたり更新をしていて、最後の契約期間が終われば雇用をやめるという内容です。
もちろん裁判では労働者側が勝ちました。

このように期間を区切る契約(有期労働契約といいます)をしていても簡単にクビにすることはできません。

やはり有期雇用は試用期間にするとか定年後にするとかに限定するもんですね。

ということで今週は最近話題になりました雇い止めのミニ知識でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

〜〜〜労務問題、人事相談は大阪守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスにおまかせ下さい〜〜〜


ページの先頭へ