なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

残業時間代のついてのミニ知識

Category
ミニ情報

こんにちは。大阪守口の社会保険労務士事務所なかの経営労務オフィス、なかのです。
今日は本当に春並みの陽気ですね。花粉が飛び回っている感じがいなめないです。
むこーのほうに見える梅田の高層ビルがしろーく見えます。これは花粉かゴミか。。。白内障か。。。

では、今週は新聞沙汰になりましたが、ハローワークの社員に残業代を支払っていない、未払い残業代についてのミニ知識です。
残業代っていうのは1日8時間を超える場合や1週間に40時間を超える労働をしたときに支払わないといけない費用です。
基本給の25パーセント以上と決められています。1000円の時給だと1250円以上ですね。
では、今回は普通に8時を超える残業が支払われていなかったのですが、それにプラスして、朝の朝礼のために15分早めに出勤させた時間も労働時間に入れていなかったとして問題になっています。
朝礼はさすがに労働時間ですが、ではどこまでが労働時間になるかはよく裁判で争われています。

しかしハローワークに求人を出すときには厳しく労働基準法を下回る求人をしてはいけません(当たり前ですが)って言われますが、自分のところが見本になりはじめて企業に言えるものと思います。あ、少し愚痴になりました。

では制服に着替えてからタイムカードを押すのが正解か、またはタイムカードを押してから制服に着替えるのが正解か。皆様はどう思いますか?
正解は来週って言いたいところですが、制服の意義によって違います。もし会社から義務付けられていなくて、従業員さんの自由な意思に任せているのであれば着替えた後にタイムカードを押させても問題がありません。
しかし、例えば、例えがおもいつかない。。。消防員さんのオレンジの制服なんかは義務付けられていそうなのでタイムカードを押したあとに着替えるのが正解です。着替えも労働時間といううことです。
防火服とかも同様です。

これは毎日のことなので未払いになるとかなりの金額になります。1回15分、行き帰りで30分。20日出勤で一箇月10時間の未払い残業代が発生。8時間が通常勤務でしたら、割増賃金なので1250円となりますね。1ヵ月12500円となります。
また時効が2年なので計30万円。裁判にすれば付加金で倍になり60万円となります。たぶん一人ではないので10人で計算すると600万円の支払いが必要になります。
大きい会社さんほど被害も大きくなるので注意が必要ですね。
こういう少しのことですが、知っているのと知らないのでは全く違いますので、ご注意ください。

今週は以上になります。
こんな話をしていてなんなんですが、みなさま、よい週末をお過ごしください。

・・・人事・労務相談、目標制度、人事考課制度の構築は大阪守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスにお任せください・・・


ページの先頭へ