なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

最低賃金額の大幅上昇!!

Category
お知らせ

秋風が心地よい季節になった今日この頃。

朝晩はめっきり涼しくなってまいりましたが、

皆様お風邪などひいておられないでしょうか?

実り多い季節でもありますので美味しいものを沢山食べて、

毎日楽しく元気に過ごしたいものですね。

 

お久しぶりです。なかの経営労務オフィスの田中です。

本日は先日発表された2017年の最低賃金についてお話させていただきますね。

 

大阪府の現在の【最低賃金額】は、883円ですが

平成29年9月30日から発効となる【最低賃金額】

なんと26円アップの909円!!

政府の目標は2020年までに平均時給が1000円なので

それまで上がり続けそうですね。

★注目★最低賃金は都道府県ごとに設定されています。

最低賃金額も発効日もそれぞれ違いますのでご注意ください!

【例】東京都の最低賃金額⇒932円 / 兵庫県の最低賃金額⇒819円

※いずれも平成28年10月1日発効。

 

最低賃金額を下回った場合、罰則が適用されることもあるので

雇う側も働く側も必ず確認するようにしてください。

※現在、 最低賃金額ぎりぎりでアルバイト等を雇っておられる雇い主さんは

特にお気をつけください!

大阪では9月30日に出勤される労働者がいる場合は、

給料を909円以上に設定しなければなりません。

 

せっかくなのでここで少し最低賃金の概要についてお話しましょう。

最低賃金制度とは、働くすべての人に賃金の最低額を保障する制度で、

最低賃金審議会で賃金の実態調査結果などを参考にしながら

審議し決定されています。

 

ちなみに、下記の賃金は最低賃金に含まれません。

①臨時に支払われる賃金(結婚手当など)

②1ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)

③時間外・深夜労働及び休日労働に対する賃金

④精皆勤手当、通勤手当及び家族手当

 

最低賃金をクリアしているか否かは、下記のように確認することが出来ます。

月給、日給者の方は時給に換算して最低賃金を上回っているか確認してくださいね。

①時間給の場合 時間給≧最低賃金額(時間額)

②日給の場合  日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)

③月給の場合  月給額÷1ヵ月の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)

④請負給の場合(出来高払制)賃金算定期間(賃金締切期間)について支払われた

        請負給の総額÷その期間の総労働時間≧最低賃金額(時間額)

①~④が混在する場合、それぞれについて1時間当たりの金額を算出し、

それを合計した額と最低賃金額と比較します。

 

助成金等を申請する際、最低賃金を下回っていないかどうかは

入念にチェックされるので注意してくださいね。

 


ページの先頭へ