なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

就業規則と助成金その1

Category
労働基準法

みなさま、こんにちは。大阪淀屋橋、北浜で社会保険労務士事務所「なかの経営労務オフィス」を開業してはや2年が経ちました。最近さぼっていましたが、定期的に新着情報をアップしていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

今回のテーマの就業規則と助成金ですが、このテーマで数回に分けて投稿致します。

今回は、就業規則は皆さんの会社ではどう作られているかについて考えてみます。

1、社会保険労務士にたのんだ。

2、他の顧問等の士業が無料で作った。(無料というのは、就業規則は社労士の独占業務に入っていますんで、他の人が報酬を得て作ってはいけないことになっています)

3、ネットからダウンロードして修正して作った。

4、厚生労働省のホームページからダウンロードして作った。

その他。

この中で一番は専門家である社労士に作ってもらうことですが、なんせ費用がかかるので、みなさま躊躇してしまいますね。

あとの3つは無責任な文章なので、おすすめはできません。

例えば、ボーナスは会社が利益が上がったときにだします、と思っている社長さんが、その文章をボーナスは支給します。しかし利益が上がった時のみです。とかかれた場合。 基本はボーナスは支給しないといけないので、支給できない正当な理由を述べて社員さんに納得してもらうような流れになります。

それを、例えば支給しないが、利益が出る場合は支給する、とかの書き方にすると前者の工程は除かれます。

こういうのは一部ですが、就業規則のなかのいたるところに散りばめています。

労働基準法が明らかに労働者の味方なら、会社は就業規則で防衛するしかないと思います。

 

今回は就業規則に関しての投稿になりましたが、次回は助成金も含めたものに致します。

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

就業規則、助成金のことなら大阪淀屋橋、北浜の社会保険労務士事務所「なかの経営労務オフィス」にお任せください。


ページの先頭へ