なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

労働時間と割増賃金

Category
未分類

おはようございます。
社会保険労務士のなかのです。

本日は労働時間と割増賃金についてのミニ知識です。
何回も掲載していますがやはり労働基準法の基本は賃金と労働時間になるでしょう。

簡単にご説明をしていきます。

まず労使(経営者と労働者)となにも取り交わしがない場合は、1日8時間、1週間40時間を超えて労働させてはいけません。

労働者がお金がほしので勝手に残業しても罰則は使用者に課せられます。
ではどうしたらいいのか?

労使で残業することができる協定を結ぶことです。これを労使協定、この場合は36協定とよびます。(時間外の規定が労働基準法第36条にあるからです)

しかし1日8時間、1週間40時間を超えると割増賃金を支払わなくてはなりません。
これが少し混乱するのですが、
基本は8時間を超えると1.25倍、深夜は1.25倍、休日出勤は1.35倍となります。
深夜とは例外を除き夜の10時から朝の5時までです。

8時間を超えてまた夜の10時以降になると1.25+1.25の1.5倍の給料を支払はなくてはなりません。

では、休日はどうか。
1.35(休日)+1.25(残業)+1.25(深夜)で1.85かい!となりそうですが、
休日は残業がなくて1.35(休日)+1.25(深夜)=1.6倍となります。

なんで?ってなりますが、休日労働は実際には働く日ではないので残業という観念がないみたいです。しかし深夜は働く性質が違いますのでプラスされます。

8時間を超える残業は時間の長さに対する割増し、深夜は健康とかの質に関する割増しになります。難しいですね。。。これはまた単独でご説明いたします。

週休2日の会社はどっちも1.35倍かというと2日のうち1日だけ1.35倍でOKです。

うちの会社は1.35倍でてるよー、ってのはいい会社で、法律的にはプラスする必要はありません。
なぜかというと労働基準法で定められているのは1週間に1日、もしくは1ヵ月にお4回の休日を与えなさいとなっています。なので1日分だけでいいのです。

この割増賃金でまたややこしいのが振替休日と代休です。
この二つは根本的に違います。また割磨製賃金をつけなくていいとかつけないとダメとかの違いになります。

これは次回ご説明させて頂きます。

今週は長文になりましたがここまでです!
ありがとうございました。

・・・・・・労務問題は、大阪 守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスにご相談ください・・・・・


ページの先頭へ