なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

労働契約と請負契約のミニ知識

Category
お知らせ

おはようございます。
大阪の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスのなかのです。

今日も昨日に引き続きいい天気ですねー^ ^
花粉はもう大丈夫ですか?

今回は労働契約と請負契約についてのミニ知識です。

それがどうしたって思われますが、私が社労士になって10ヶ月足らずですがお二人から相談を受けました。
ということで間違いがあってはと思いご説明させていただきます。

まず、労働契約では労働基準法が適用されるので、例えば辞めさせたいときに簡単に辞めさせれない。
全く働かないダメダメ社員でも解雇となると裁判で負けるケースが大半です。

しかし請負契約にすると労働基準法が適用されないので解雇にはなりません。例えると業務委託を解除したみたいになります。

もっと例えるとホテルのシーツのクリーニングを受けている人がもう明日から違うところでお願いするわ〜みたいな感じです。

少し違いますがプロ野球選手の戦力外通告みたいですかね。

なので例えば請負契約にして出勤、退勤もまかせます。仕事のやり方も何も言いません。売上は前年110パーセントの契約ですよってのが出来る会社だと使えるかもですね。

契約だけ請負契約にして労働基準法を逃れようとする事例はありますが、全て裁判では使用者側は負けています。
なぜかというといくら本人同士で契約をしてても労働基準法は実態で見るからです。

その時は解雇の慰謝料や未払い残業やらが出てきてすごい金額になると思います。

というとこで今回は以上となります。

最後まで読んで頂いて有難うございます。

〜〜〜人事労務相談、管理職・営業・メンタルヘルスなどの各種セミナーは大阪の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスにお任せください〜〜〜


ページの先頭へ