なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

労働基準法でいう従業員とは?

Category
ミニ情報

こんにちは、なかの経営労務オフィスの中野です。
労働基準法からのミニ知識をお届けします。

従業員とは。。。
労基法では労働者と規定されています。
労基法第9条では

「職業の種類を問わず事業又は事業所に使用されるもので、賃金を支払われる者をいう」

となっています。これしか規定されていません。
逆に言うと働いている人はほぼ全員労働者という事になります。
正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなどなど。

つまりアルバイト、パートさんでも労働基準法が適用されるという事です。
なので、アルバイトさんであってもすぐに「クビ」とか言ったらいけません。

またアルバイトさんであっても6ヶ月たてば有給休暇の権利も発生します。
少し例外もありますが気をつけていきましょう。
また、雇用保険、健康保険、厚生年金も例外を除いて加入しなければなりません。
雇用保険は週に20時間以上、健康保険、厚生年金は週に30時間が目安です。

以上、次回も労働基準法からお届けいたします。


ページの先頭へ