なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

助成金についてのミニ知識

Category
ミニ情報

みなさま、こんにちは。大阪 守口 社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスのなかのです。
ながったらしくてすみません。キーワードを入れたくて長くなってしまいました。
今日は大変あったかいですねー。でも風は少し冷たいです。
では今回は助成金についてのミニ知識です。

その前に助成金と補助金って違いをすこし。
助成金は厚生労働省管轄で補助金は経済産業省管轄です。
わたしは補助金には詳しくありませんが、助成金は人を雇用したり、待遇を良くしたり、障害者さんを雇用したりした時に申請し、要件がクリアできれば支給されます。

人に関するのは助成金と、新しい事業を企業した時になどに関係するのは補助金みたいなものですかね^^;

しかし助成金と言っても数多くあります。今回は助成金の内容でなく、この要件を満たさないともらえないものを説明します。

まず、たまたま有期雇用の人を無期雇用にした場合。
これは前もって就業規則に無期雇用する条件を記載しなければなりません。

また有期の時と無期の時の労働条件通知書が必要です。
本当に雇ってるんかという確認です。

そしてタイムカードと賃金台帳(給与明細みたいなものでは)も必要です。
これはちゃんと労働基準法を破っていないこと、例えば残業代を支払っているとか、休みを与えているかとかの確認をされます。
もし守っていなければ逆に労働基準監督署に報告されます^^;
助成金を取るつもりが臨検され未支給の残業代や賃金を払うはめになります。

なかなかこわいですねー。助成金をもらうためにはまず、会社をきちっと法律に合わせないといけないですね。

ということで今回は助成金の基礎の基礎のミニ知識でした。

〜〜〜労務問題、人事問題、管理職研修、営業研修は大阪 守口 社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスにご相談ください〜〜〜


ページの先頭へ