なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

会社の安全配慮義務についてのミニ知識

Category
お知らせ

みなさま、こんにちは。大阪守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスのなかのです。

今回は会社に関わる安全配慮義務について少しお話をします。

安全配慮義務ってなんだ?

もちろん従業員さんが会社で怪我をしないようにするのも安全配慮義務です。
しかし今回はこれも安全配慮義務なのかぁ。。。っていうのをご説明します。

労働契約法5条に
『使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする』
とあります。

また、労働安全衛生法1条に
『・・・・・労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする』
ともあります。

何かというと色々な面から従業員さんの安全や健康を考えながら支援して企業運営をしなければなりません。

最近はバスやトラックの運転手さんが長時間労働で事故を起こすといったことがニュースであります。これも運転手さんの健康や安全を考えてない末のことです。

脳・心疾患で過労死に至ると、会社側の安全配慮義務違反とされる時間外労働時間のラインが80時間です。
80時間を超えて2ヶ月〜6ヶ月間常時残業があるとその脳・心疾患は会社の責任になる可能性が大きいです。
また100時間を超えると1ヶ月でも会社の責任になり可能性が高くなります。
裁判例でも80時間を目安にしています。

裁判になり、和解にはなりましたが電通事件は従業員さんが亡くなられたというのもあり1億を大きく超える損害賠償を求められました。

そうならいうちに長時間労働を減らして、年に一回の健康診断の受診率を100パーセントにて、従業員さんの健康と安全の確保が必要になります。

今週は以上になります。

〜〜〜人事労務相談、目標管理制度、給与規定の構築、社員教育は大阪守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスにおまかせ下さい〜〜〜


ページの先頭へ