なかの経営労務オフィス

助成金・就業規則なら大阪の社会保険労務士事務所ーなかの経営労務オフィスー

なかの経営労務オフィス

News & Topics新着情報

当事務所からのお知らせや日々の事を中心にご案内します。

休日と休日出勤割増手当のミニ知識

Category
ミニ情報

みなさま、いつもお世話になります。大阪守口の社会保険労務士事務所なかの経営労務オフィスのなかのです。
風邪なのか花粉なのか鼻と咳がでる毎日をすごしています。
みなさまは大丈夫ですか?体調管理は万全でいきましょう!

先週は労働時間に関してのミニ知識でしたので、今週は休日に関してのミニ知識です。

休憩でもよかったのですが、なんとなく休日気分なので休日にいたします。
休憩は次週にしましょう。

休日というと会社員のかたは日曜日、もしくは土曜日と日曜日または祭日。
サービス業のかたはそのお店の定休日、年中無休のお店ではシフト制で決められた日でしょうか。

休日は労働基準法35条に規定されています。内容は、
1項:使用者は労働者に対して毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。
2項:前項の規定は4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。
とあります。

簡単にいうと、週1日の休日か4週間に4日の休日があれば労働基準法違反ではありません。
これを法定休日を言います。

では、休日出勤ってどんな時に言うのでしょうか。割増手当が発生する休日出勤は法定休日出勤です。

例えますと、土曜日、日曜日が休日でこの2月でしたら、8日の休日があるとします。
このうち4日の休日が法定休日です。残りの4日は法定外休日で会社独自のものです。

休日出勤手当は法定休日の4日分に働かせた場合に出さなければなりません。
残りの4日は出さなくてもいいです。出している会社さんも多いですが、これはいい会社ということです。

今週は以上です。最後まで読んで頂いてありがとうございます。

・・・・労務管理、人事管理からの経営は大阪守口の社会保険労務士事務所 なかの経営労務オフィスに
    お任せください!・・・・・

 


ページの先頭へ